色々な発電

弊社では、既製品の「太陽光発電」を屋根の上に
載せているお宅は随分と施工して参りました。

現在では、あちこちで色々な発電の試みが
行われているようです。
銚子に行ったときには、大きな風車が
沢山並んで「風力発電」を行っていたようです。
また、「ゼファー」と言う大変小型の家庭用風力発電機が
売れているようです。どちらも横軸回転の風車で
音の問題がまだ、あるようで爆発的に売れていると
言うものではないようです。
海外にある風力発電については、かなり広い土地に
市街地と言うよりも周りに家が無いようなところで
設置が進んでいるので「音」の問題は発生しないのでしょう。
弊社が建てた「新横浜」の駅近くのビルの
隣にやはり、ビルの屋上を利用して風力発電機が
設置されていましたが、弊社で建てたビルのメンテで
屋上に上がって作業していたときにはかなりの
風きり音がして、これでは街中の住宅街に近いと
かなりの騒音問題が発生しそうだなとは、かなり前に
感じていました。

横須賀市の湘南国際村の研修施設では
横軸回転型の風力発電機が設置されていて
あれは、音の問題が少ないように感じました。
近くへ行ってもあまり風きり音が聞こえなかったと記憶して
おりますので。

太陽は、今では一番発電に対してのコストがかからない
ものですから、どんどん補助金を政府が出して
個人発電所として、皆が一戸建てに載せられるようになれば
原子力発電所を新たにこしらえなくても
その予算を補助金にまわしてくれれば
もっと、個人の太陽光発電が普及するのでしょうね。

やっと、東電が買い取りの金額を上げてくれたので
少しは、増えると思いきや、まだまだ個人が
太陽光発電を載せようという動きがみられません。
早くしないとどんどん、二酸化炭素が増えていくので
大変なことになると恐れています。
e0138440_17213665.jpg

[PR]

by hotel-califorunia | 2009-12-08 17:21  

<< いよいよ年末 危ない運転と渋滞 >>