いよいよ年末

年の瀬も押し詰まり、何かと慌しい日が続いております。

年末のお掃除には(勿論普段からの掃除も同じですが)
ちょっとしたコツや、普段からしておくと楽なポイントが
沢山あります。

洗剤は、中性洗剤(お風呂用のもの)は泥汚れには最適
アルカリ性洗剤(マジックリン等)は油汚れに最適
重曹はこびり付いた汚れや油汚れに最適

排水口の清掃も普段からしておくと、意外とメンテ不要に。
商品名では、黄色い「パイプユニッシュ」を排水口に適量流し
20分位置いて、お湯を勢い良く暫く流すと
「ゴボゴボッ」と言う音とともに、排水がスムーズになります。
定期的にやる必要はございませんが
普段流していて、最後に「ゴボゴボッ」と言う音がし始めたら
排水に髪の毛や油カスが絡みつき始めたことを
知らせてくれているので「排水掃除」をすると良いでしょう。

ガラスは商品名で「マジックリン」を希釈して(かなり薄くて可)
雑巾で汚れを落としながら拭きます。
少し置いて、拭き後が乾き始めた頃から
乾いた雑巾や、要らない下着(木綿布)で磨きあげると
向こうが良く見えて、ガラスが無いような錯覚に陥るほどに
綺麗になります。
勿論鏡も同様です。
お風呂場の鏡は石鹸カスが付いておりますので
重曹を溶かした溶液をスポンジたわしで拭き取ると良いでしょう。

網戸は外から中性洗剤の泡を満遍なく振りかけ
暫く置き、水道のホースで勢い良く水を掛ければ
なかなか綺麗に落ちます。

台所の油汚れにも、重曹を溶かした溶液と
商品名「ゲキ落ち君」で綺麗に油汚れが取れるはずです。

いづれにしても、洗剤を掛けてから、暫く置いてからできれば
お湯を搾った雑巾で拭き取るのが楽に汚れ落としが
出来るでしょう。

意外と忘れがちなものとしては、エアコンの「フィルター」の清掃
夏は、頻繁に掃除機を掛けていますが
冬にはあまりなさっていないのではないでしょうか?
ホコリは年中、空気中に浮遊しており、それを
機械の中に入れないようにしているのが「フィルター」です。
特に冬場は室内が乾燥しているので、ホコリの浮遊は
沢山になります。更に夏場では舞い上がらなかった
細かいホコリまでが、浮遊しますので
夏場より、頻繁に清掃することをお勧め致します。

もう後僅かですが、普段からやっていれば簡単な清掃も
一年分をまとめて行うのは大変です。
今からでも遅くありませんので
しっかり、ポイントを掴んで清掃していきましょう。
e0138440_1742316.jpg

[PR]

by hotel-califorunia | 2009-12-20 17:05  

<< はやいもので1ヶ月 色々な発電 >>