はやいもので1ヶ月

先日、お正月の声を聞いたと思ったら
時の経つのは早いもので、もう一月も末に
なろうとしているではありませんか?!

お正月の3日には、高校の同期の仲間と
「江ノ島」へ初詣。
まだ、お正月の三が日だと言うことをすっかり忘れて
電車に乗ると、意外にも混んでいるのでした。
流石に「鎌倉駅」では大勢の乗客が降りました。
向かうは「鶴岡八幡宮」のようで99%の乗客が
東口方面へ。
私は「江ノ電鎌倉駅」目指してみんなとは
反対方向の西口へと向かうのでした。
それでも「江ノ電」へ乗車する乗客もいて
「江ノ電」は、どの電車もほぼ満員で出発して行きました。
仲間が改札に揃うと「江ノ電」へ乗車。
昔は(高校時代)は良く「江ノ電」に乗って
みんなでぶらぶらしていたのですが
景色は大変変わっているのは皆も感じているとのこと。
仕方が無いですね。それだけ、年を取ったのだからね。
景色で言えば「鎌倉高校前」の海岸線は
侵食が激しくて海辺が道路の直ぐ下になってしまい
波打ち際が見えにくくなってしまっているのです。
色々、侵食の対策を茅ヶ崎でやっているようですが
早く、成果をあげてあちこち、
海岸線を守っていただきたいです。
その内に「海水浴」と言う言葉が死語になってしまうのでは?

お正月なので、「江ノ電江ノ島」を降りると
ぞろぞろ江ノ島に向けて歩く人の列ができていて
相変わらずですね。
橋を渡って、参道を見ると物凄い人で溢れていたので
仲間の一人が「船で裏へ」行くと空いているよ。と。
そこで、始めて¥400で船で裏へ行きました。
丁度、天気も良くて波も穏やかで楽ちんでした。
岩場を散策していても、暖かく、風も無く最高の気分でした。
残念ながら「富士山」は霞んで見えませんでしたね。
そこから、逆に廻るコースで階段を上り、地魚のお昼を食べ
混雑に巻き込まれずに「奥津宮」を参拝してホックリして来ました。
ご存知の方は少ないと思いますが
「奥津宮」のお参りの天井には
「八方睨みの亀」が描かれています。
どこへ動いても亀に睨まれているのです。
現地でも、あまり知った方がいないようで、大半の方は
ただ、拝んでそのまま、帰るだけでした。勿体無い。

逆方向で歩いて行ったものですから、江ノ島で昔から有名な
「エスカー」には乗りませんでした。
良く良く観ながら歩いていると
たいした距離・高さを昇るものではない、ことに気付きました。
それを知っていて、逆コースを選んだのだと、仲間の一人が
言っておりました。確かに確かに。値段も高いし、正解でした。

灯台は、新しくなってからは昇っていなかったので
非常に快適に、更に遠くまで良く見えたので、感激でした。
また、ゆっくりできる時間があれば行ってみたいです。
e0138440_1820269.jpg

[PR]

by hotel-califorunia | 2010-01-24 18:29  

<< 停電 いよいよ年末 >>